【三田市 美容院 】 スロウカラー新色スモークを使った奥行きショート×ハイライト

12月に突入して気合入りまくっています。

1年の感謝の気持ちを持ってお客様にとって良い新年を迎え入れて欲しいと思っています。

髪の毛に宿るものってあると思います。

それが良いものか悪いものかは分かりませんが、僕ができることって悪いものを邪気払いして良いものをより良くする環境にすることです。

昔から女の子が失恋をして髪を短くするっていうことはあると思いますが、それでスッキリするってそういうことだと思います。

何となく最近はうまくいかないなぁって思ってるときに髪を切るといい方向にいくことなんかもありますよね。

そんなことができる美容師って素敵だと思います。

もしかしたら人生を変えてしまうくらいになるかもしれないですよ!

誇りに思います。

そんな想いでやっていこうと12月最初のお客様です。

奥行きショートとハイライトカラーは相性抜群

奥行きを作っているのでそこにハイライトを入れたらより立体感が増します。

「before」

前回もハイライトカラーをしているのですが、今は馴染んできているのでもう少し分かりやすくしていこうと思います。

今回はトップだけにホイルワークを。

なぜトップだけなのかっていうと、トップの立体感を強調したかったからです。

トップ以外の髪の毛は少し暗めにすることによってよりハイライトが活きると思いました。

継続してハイライトを入れることによってブリーチをしなくてもダメージをそんなかけずに明るさを調整できます。

少しハイライトがあるだけで雰囲気変わりますからねぇ。

何か自分お洒落かも?って思っちゃいます。

スロウカラー新色スモークで作るハイライトが入った奥行きショート

「after」

ヘアビューロン3DPlusで巻くと、、、

少しだけ巻いている状態です。

ハイライトを入れることによってより立体感が生まれましたね。

普通にドライヤーで乾かしただけでも立体感があって、何も手入れしていないのにお洒落なイメージになります。

ちなみに今回のレシピ、、、

「ハイライト」

アプリエ   LT

「ベース」

Mt/08:blue:Smoke 1:1:1 3%

全体的には深みのあるスモークアッシュをベースにしてベージュ系のハイライトを入れて分かりやすくしています。

より奥行きショートを引き立てるためのハイライトですね。

奥行きショート×ハイライトカラー×スモークアッシュは相性がよい!

カットやカラーを考えるときにカットを主体にして決めるのか?カラーを主体にして決めるのか?ってことは凄く大事なことです。

今回は奥行きショートのカットスタイルを最初に考えたので1番始めに思ったのが、立体感があるスタイルだったんです。

より奥行きがでるように見せるってことですね。

ドライヤーで乾かしただけて奥行きがでて見えることやツヤ感があっての大人スタイル。

立体感がでて見えるようにハイライトはベージュにして、ベースはスモークアッシュにすることによって色味の違いによるコントラストと明るさによるコントラストで分かりやすくしています。

スモーク感もそこそこ深めに入れる。

色んな事を考えてつくるスタイルはやっぱり楽しいですね!

もし良かったらこんな感じも参考にしてくださいね!

友だち追加