『リファビューテック』ドライヤーとストレートアイロンを実際に使って徹底解説

プロセンシングとハイドロオンでしっとりやわらかいレア髪を作ることができるリファビューテックシリーズが遂に発売してサロンに到着しました!

しかも大量に。

全国的にも生産が追いついていない状況らしいです。

あらかじめご予約を頂いていたので、初回発注分は即完売というリファビューテックの期待の高さがわかります。

実際に使ってみて結論からいうと、、、

『しっとりやわらかいレア髪になる!!!』

使ってみると分かります。

このクオリティの素晴らしさ。

お客様に使って1週間が経過しますが、皆さんが仕上がりの違いを感じるくらいに『あっ!』と驚くクオリティになっています。

今までにない『やわらかさ・手触りの良さ・ツヤ』を感じることができています。

そのような仕上がりになる理由と実際にお客様に使った仕上がりの写真を見て説明していきたいと思います。

『リファビューテック ドライヤー』を徹底解説

サロン帰りの髪は、驚くほどしっとりやわらかい。表面はしっかり乾いているのに内部には水分がギュッと詰まったレア質感。

この『レア髪』は、ドライヤーから出る熱と髪の水分量を、眼と手の感覚で完璧にコントロールするプロフェッショナルな技から生み出しています。

その技を独自のテクノロジーで再現するのが、『リファビューテック ドライヤー』です。

髪の温度を自動で調整する『プロセンシング』と、『ハイドロイオン』でプロの『レア髪』を実現することができます。

『プロモーション動画⬇️⬇️⬇️』

リファビューテックドライヤーの色は黒と白の2種類から選べる 

値段はどちらも33000円(税抜)になります。

元々スタイリッシュなデザインで『リファっぽいな』というイメージをお客様も感じています。

白を注文される方が多いですが、黒もかっこ良くて個人的にかなり良いと思います!

値段も他メーカーと比べてもリーズナブルになっているので、お客様にも喜ばれました。

アンダー60℃を自動調整する『プロセンシング』

リファビューテックドライヤーが動画で分かります⬇️⬇️⬇️

ドライヤーの熱は、ダメージをもたらす最大の要因です。ついついドライヤーを同じ箇所にあててしまって高熱によるたんぱく変性や、オーバードライが引き起こす髪の水分量低下がその理由になります。

美容師は、熱を手先で感知してドライヤーを振りながらしたり、温風と冷風を切り替えたりすることで、ダメージを防ぎながらオーバードライにならないようにします。

リファビューテックの独自技術『プロセンシング』は、プロ(美容師)の熱コントロールをテクノロジーで再現しました。

対象物センサーが髪の温度を感知し、温風と冷風を自動で切り替えることで約60℃以下をキープすることで、髪を熱ダメージから守ることができます。

『プロセンシングありとなしの状態の温度』

プロセンシングでお客様の髪の毛を乾かすと、5センチ位近づけても熱くならないです。

熱によるダメージを気にしている人はプロセンシング機能を最大限に活用した方が良いと思います。

美容師さんが使うとすると、プロセンシングで最初からドライすると、ちょっと物足りない感じがするのである程度プロセンシングなしでドライして、最後の仕上げに使うのをオススメします。(結構な頻度で切り替わります。)

ドライヤーからイオンが発生『ハイドロイオン』

リファビューテック ドライヤーからハイドロイオンが発生しています。

『高密度炭素 × イオナイザー』

ドライヤーの内部には純度99,9%の高密度炭素とイオナイザーが搭載されています。高密度炭素に専用ヒーターをつけることでより温まりやすくなり遠赤外線を放射します。イオナイザーは空気中の分子をイオン化させる働きをもちます。

髪の仕上がりを『しっとり』させたいときのモード、『ふんわり』させたい時に合わせてモードを選ぶことができます。

このモードかなり良いです。

しっとりモードはホントに『レア髪』のようなやわらかい質感になるので、感動するレベルを想像してもいいですね。

ふんわりモードも根元の立ち上がりがつきやすかったり、キープしやすくなるので幅広い世代の方に好まれる仕様になっていますね。

プロセンシングを使っている時は、赤から青に変わる時に冷風に切り替わります。

実際にリファビューテックドライヤーを使った仕上がり

☑️リファビューテックドライヤー

自分が思っていた想像以上に良いと思う実感です。

✅風量かなり強い
✅音が心地よい
✅手触りがやわらかく、ツヤもかなりでやすい

プロセンシングを使わなくても元々の温度がそこまで高くないと感じます。

お客様からも『手触りが良い!』と好評ですね(^_^) 

乾かしただけでツヤがかなりでてくれて、手触りがかなり良くなります。

プロセンシングを使いながらやっているので、お客様も『あつい!』ということもなく安心してリラックスされて乾かされている状態です。

ブローもストレートアイロンも使っていないのですが、収まりもよくまとまりがでてくれます。

リファビューテックドライヤーで仕上げをして、すぐに予約注文をした人もいるくらいにクオリティは高いですね。

仕上がりはもちろんなんですが、美容院のドライヤーって家に帰ってから実際にドライヤーを持ったら『重たい!』ってなる方もいると思います。

リファビューテックドライヤーはお客様にも持ってもらって確認しているのですが、一般の方でも『思っていたよりも軽い』という印象を受けています。

自分自身、前に使っていたものと比べたらかなり軽くなったので、長時間使っても疲れにくくなり助かっています。

家でのドライヤーの時間って10分~20分位は長さによっても違いますが、されると思うのでそこまで苦にならないようにできていると思います。

『リファビューテック ストレートアイロン』を徹底解説

リファビューテックストレートアイロンは、独自の技術『カーボンレイヤープレート』が、ストレートアイロンによる水・熱・圧のダメージを抑えながら、髪を美しく整えるプロの『レア髪ストレート』を簡単につくることができます。

水・熱・圧のダメージを抑える『カーボンレイヤープレート』

こちらから動画が見れます⬇️⬇️⬇️

水・熱・圧のコントロールは、ダメージを起こさないケアに大切な要素となります。髪に水が残ったまま熱をかけると水蒸気爆発が起こり、キューティクルをかなり傷つけてしまいます。

さらに100℃以上の高温での圧を何度も何度もかけることは、髪がつぶれてダメージをかなりあたえる原因となってしまいます。

美容師は、ダメージを髪に与えないように、アイロンを動かす速さやテンションを細心の注意でコントロールしながら髪を整えていきます。

リファビューテックの独自の技術『カーボンレイヤープレート』は、プロのダメージ軽減をテクノロジーで再現できるようにしました。

高密度炭素と低反発コートの三層構造が、アイロンの水・熱・圧のダメージを抑えながら、髪をさらに美しく整えることができます。

水蒸気爆発、、、水が非常に高い物質と接触することにより気化されて発生する爆発現象のこと。

『カーボンレイヤープレート』で濡れた髪に使っても 水蒸気爆発を起こしにくい

高温のプレートに水があたると水が爆発しキューティクルを傷つけます。『カーボンレイヤープレート』は、三層の構造で熱の伝わりをマイルドにし、水蒸気爆発を防ぎ、髪を傷つけにくい構造になっています。

50回使用したとしてもキューティクルが傷つかないのが写真で分かりますね。

安心して使えます。

『カーボンレイヤープレート』は低反発コートで優しく包み込む

カーボンレイヤープレートの表面に施した低反発コートが髪に優しく密着します。髪を潰さずにストレートヘアが作れます。

300回(1ヶ月使用を想定)しても変わらずにキレイな状態をキープできるのがカーボンレイヤープレートのすごさですね。

リファビューテックストレートアイロンで『美しいストレートヘア』、『カールスタイル』も楽しめる

カーボンレイヤープレートはベースに高密度炭素を使用しています。なので、髪にムラなく熱を伝えることで、うねりを美しくすることができます。

髪質によって効果は異なると思いますが、お客様に使っている感覚では効果をかなり感じれていますね。

しっかりとした髪質の方やくせが強い方はゆっくりと丁寧にすることをオススメします。

リファビューテックストレートアイロンは、ストレートヘアだけでなく、カールヘアもダメージをケアしながらアレンジを楽しむ事ができます。

ストレートアイロンで1番に気を付けることは、『摩擦を起こさないやり方を意識すること』です。

それを簡単に楽にしてくれるのがリファビューテックストレートアイロンです。

ゆっくりと丁寧にアイロンをすることで、ツヤのあるキレイな髪の毛を手にいれることができます。

驚いたのがカールを作ることができるんです。

ワンカールや波ウェーブなんかも作れてしまいます。

実際にリファビューテックドライヤーとストレートアイロンを使った仕上がりを見てみましょう。

お客様もびっくりするくらいキレイです。

『この手触りやツヤはいつも以上』っていうくらいに喜んで頂けてました。

毛先までのまとまりもかなりでやすいですね。

ドライヤーでも手触りが良くなりますが、ストレートアイロンを使うとさらに『レア髪』になってくれます。

その時に思ったのが、さっと終わらすようなストレートのやり方より、丁寧にゆっくりとアイロンをする方が仕上がりのキレイさは全然違いました。

やっぱりゆっくりと丁寧が大事ですね。

こちらのお客様もエイジングでパサつきやうねりが気になっていますが、まとまりもでてうねりを解消しながらツヤがかなりでます。

手触りも申し分ないくらいにいいですね。

アイロンの温度は基本的に180℃~200℃設定でしています。

濡れている時に洗い流さないトリートメント等を使うとよりダメージレスに仕上がりのクオリティも上がるのでオススメです。

『リファビューテック ドライヤー ストレートアイロン【まとめ】』

早速使ってますが、やっぱり想像以上に良いですね(^_^)

✅風量が強いので早く乾きやすい
✅『熱いかな?』と思ったときにセンシングが働きかけて冷風に切り替わる
✅ツヤもでやすく、柔らかい質感になる
✅ドライヤーの重さもどっちかというと軽いかなと

☑️プロセンシング機能によって、対象物センサーが髪の温度を感知し、温風と冷風を自動で切り替えることで約60℃以下をキープすることで、髪を熱ダメージから守ることができます。

☑️ハイドロイオン効果で、髪の仕上がりを『しっとり』させたいときのモード、『ふんわり』させたい時に合わせてモードを選ぶことができます。

☑️『カーボンレイヤープレート』が、ストレートアイロンによる水・熱・圧のダメージを抑えながら、髪を美しく整えるプロの『レア髪ストレート』を簡単につくることができます。

大まかにいうとこの3つが1番に気を付ける売りですね。

他には、ドライヤーもストレートアイロンも軽くて疲れにくいようになっているのと、風量も強いので早く乾きやすいようになっています。

・ドライヤーもアイロンも軽い

・風量は強くて乾きやすい

プロセンシングに慣れたらそれでもいいと思いますが、基本的にドライヤーの温度は高くないので、もっと早く乾かしたい人には、最初はプロセンシングを使わないで乾かして、8割くらい乾いたらプロセンシングのモイストモードかボリュームアップモードに切り替えて使うとより早く乾くと思います。

慣れてからの方が良いと思います。

あくまでも60℃以上の熱によるダメージは1番に気を付けないといけないことです。

こういう仕上がりにするためにはプロセンシングのモイストモードを使って、ストレートアイロンでゆっくりと丁寧にやっていくと近いものはどの髪質でもできるのかなと思っています。

・提携サロンのみの販売

基本的に契約商品となっているので、ネットで販売しているものを買うのはオススメできません。

本物かどうかもわからないというのもありますし、故障した時の保証はありません。

安心してサポートをしていきたいと思っていますので、購入をお考えの方は直接ラインにて注文を受け付けていますので、ご連絡ください。

『初回注文はラインがお得!!』

ライン注文の方に限り少しばかりお得な料金サービスを考えていますので、お気軽にメッセージを頂けたらと思います。

ライン登録は記事の1番下に記載しております。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

Bellavita 情報

・お店のホームページ

・[メデュラ シャンプー]9つの質問に答えてあなただけのシャンプーを作れます。クーポンコード『bellavitam』を入力で2000円オフ

・各SNSをまとめたサイト

・お問い合わせはラインでお願いします

友だち追加