アドミオカラーを試して他のカラー剤と比較して魅力は何なのか検証してみた

 今回はアリミノさんからでたアドミオカラーを実際に試して見ました!

「色は引力。」ってカッコいいですね。

「コンセプトムービーです。」

今回のモデルさんのベースはこんな感じです。

大分紫外線により退色していってる感じですね。

アドミオカラーは「理想の色になるために、6colorsから選びます」

今回は、「チャコール」を使ってみたいと思ったので実際に使ってみます。

1剤と2剤を混ぜた感じはとてもクリーミーな感じで剤が伸びやすいんだろうなぁってイメージです。

実際に塗布するとどうなのか?

やはり伸びがよく塗布しやすいですね。

カラー剤の匂いも少し良い匂いがする。

色の発色具合は20分位放置するといいのかな?っていう印象です。

アドミオカラーの「仕上がり」

「チャコールっていうのがすごい分かりました。」

基本的に単品で使うと聞いていたので、最初は赤みがあってオレンジになってる人でも大丈夫なのかなぁって思ってましたが、しっかりと色味もでて、ツヤ感もあり、柔らかい印象です。

そこに少しアクセントをつけるために他のカラーを混ぜたりしても良い関係になりそうですね。

アドミオカラーはどんなお客様層に合いそうか?

個人的に使ってみて仕上がりを見たりして思うのが、「大人女性」でお洒落を楽しみたい人に良いのかなと思いました。

色の深みもあって、ツヤ感がでやすくなっていてまたスロウカラーや、N.カラーとも違うなってのが印象ですね。

同じ系統で比べてみました。

「アドミオカラー」

「N.カラー」

「スロウカラー」

同じ系統で同じような明るさですが1番のちがいっていったら「深み」じゃないかな?って思ってます。

スロウカラーや、N.カラーはどちらかというと軽いって表現で、アドミオカラーは少し重さがあって深みがある。

同じ位の明るさで、同じ位の系統で染めてもメーカーによって、違います!

そういうことが分かりましたね!

人によって違うのかも知れませんが、個人的にはそう感じました!

「まとめ」

アドミオカラーは「深み」がある

こんな感じも参考までに!

友だち追加