『ティントバー/tintbar 』パーフェクトシアンとスロウをミックス!ブリーチしたようなカラーのレシピ

11/6に発売されるティントバーのサンプルを毎日使っていて、ブリーチをしなくてもブリーチをしたようなカラーになるので愛用すること間違いないという感じで使っています。

前回のティントバーとは?を説明しているブログです。

インディゴブルーもかなり気に入っていますが、パーフェクトシアンもかなりキレイに発色をするのでブリーチがなくても透け感、透明感、深いカラーができるのでオススメです。

『ティントバー/tintbar 』パーフェクトシアンとスロウカラーのミックスでブリーチいらず?

おさらいとしてティントバーの説明を軽くだけ触れておきます。

『ティントバー/tintbar』とは?

ヘアカラー剤の「スロウ(THROW)」などを手掛けるビューティーエクスペリエンスは11月6日、新たにヘアサロン用のヘアカラー剤「ティントバー(TINTBAR)」を発売します。

同製品は人気ヘアサロン「エアー(air)」の協力を得て開発。アルカリカラーでありながら、ヘアマニキュア(酸性カラー)並みの高彩度発色を可能にするので、ブリーチをしていないのに高彩度のカラーがしやすくなります。

第1弾は、“サワーグリーン”“パーフェクトシアン”“インディゴブルー”“ベリーベリーピンク”“タイガーリリー““クリア”の6色を展開。

 「ティントバー」は、“アクセントカラー”といわれていて、ほぼ色みの染料のみで作られた色だけをラインアップしているのが特徴です。

従来のヘアカラー剤でもアクセントカラーは数色ラインアップされていますが、それだけで構成されるヘアカラー剤というのが大きなポイントですね。加えてインパクトのあるネーミングやポップなパッケージデザインも美容室向けのヘアカラー剤としては新鮮です。

Instagramのフォロワーは160万人を超え、日本でも“テリちゃん”の愛称で親しまる「カンテリ」さんがティントバーのモデルとなっています。  

https://www.instagram.com/p/B39gjPblPlG/?igshid=gd5tpv03sqce

今回は、そんなティントバーからでる『パーフェクトシアン』を使って2人のモデルさんでお伝えしようと思います。

ブリーチがなくてもティントバーのパーフェクトシアンとスロウカラーのミックスでキレイに発色

・ビフォア

・ノアカラーを継続しているのでダメージは最小限になっている

『ノアカラーとは?』

・赤みは出にくい髪質で繰り返し深めに色味をいれているので、色が抜けてもキレイな土台ができている状態が続いている

 

基本的にブリーチをしない美容師なので、ヘアカラー前の土台作りにはかなりこだわります。

いかにダメージを抑えながら、赤みをなくすことができるのかと言うことを考えます。

今回使ったレシピは

A/06:パーフェクトシアン 3:1

シャンプー行く前の状態ですが、かなり濃厚に色味が入ってるのが分かります。

想像していたよりティントバーのパーフェクトシアンがかなり良い仕事をしてくれます。

普通のブルー系ではないんですよね。

透きとおるような柔らかく明るいブルーです。

・アフター

かなり濃厚にアッシュでもなければ、グレーでもない赤みのないヘアカラーができます。

光の反射によってもお客様と一緒に『キレイ!』ってなるくらい色んな見え方をするので良いですね。

ブリーチしたみたいな感覚といわれたので、これはこれでいいのではないでしょうか。

無理なダメージもかからないので。

ホントに発売が楽しみですね。

ティントバーのパーフェクトシアンとスロウカラーを使ったダメージレスなヘアカラー

究極のダメージレスなヘアカラーを目指している美容師です。

最近では、巷で話題のフレイヤとノアとタマコンを使いながら髪質改善もしながらできるようにしています。

ノアフレイヤカラーはお客様からも好評です。

・ビフォア

・元々色が抜けやすく、ダメージがかかりやすい髪質

・繰り返しノアカラーをしているので、2ヶ月経った状態でもツヤがありそこまでのダメージに繋がっていない。

・ブリーチなしなので土台作りをしっかりとして、元々赤みが出にくいようにしている

 

今回使ったレシピは、、、

A/08:パーフェクトシアン 2:1

スロウカラーは基本的に10分放置ですが、個人的には12〜15分ほど時間を置きます。

A/06を使うときは6%で深めに入れつつ赤みをガッツリと取っていきますが、今回はそこまでの赤みもなかったので4,5%でしていってます。

・アフター

ティントバーパーフェクトシアンのこの柔らかい質感のブルー系はかなりクセになりそうなくらいキレイです。

透け感がかなり良いです。

かなり濃いブルーとは違い柔らかさのある水色系なので、濃く色味をいれたとしてもそこまでの暗さに感じない仕上がりになりますね。

しっかりとダメージレスなカラーをしているので、カラーをする方がキレイになっていくというやり方でしています。

1ヶ月、2ヶ月、半年、1年と繰り返ししても『綺麗を持続して髪質改善をすること』ができます。

髪質改善カラーをすることによって、、、

・繰り返しカラーをしても美しさを持続できる

・エイジングで悩んでいる人が1年もすると、かなりキレイな状態になっている

・色持ちもよく、色が抜けていったあとの状態もツヤがありキレイになっている

・うねり、パサつき、まとまりが悪かった人でも徐々に解消されていく(時間はかかります)

・4回継続してエイジング毛が劇的に変わったお客様ブログ

ブルー系はどうしても色持ちが少し悪く感じると思う人がいると思いますが、赤みを削ってやっていくので抜けていく過程がものすごくキレイです。

色持ちをキープさせたい人は『スロウカラーシャンプーアッシュ』を定期的にやってもらうといいと思います。

ティントバーでカラー後のオススメホームケア

11/6発売ということもあって、年末に旅行などにもいかれる方のためのホームケアでいうと、『スロウカラーシャンプー、トリートメントtravelセット。

国内旅行にも海外旅行にもおすすめです。

デイリー使いならカラーの色持ちもよく、自然のオーガニックの力で美しく髪を作っていけるヴィラロドラシリーズがオススメですね!

ドライヤー、へあアイロンなどの熱からまもってくれたり、質感の向上やアンチエイジング効果がある洗い流さないトリートメントも大事ですね!

年末にキャンペーンもまだ予約を取っているので、興味がある方はご連絡ください!

ティントバーまとめ

とにかく発売が待ち遠しいのはいうまでもないですね!

ブリーチをするともっと色の表現が分かりやすいのですが、ブリーチをしなくても普段のアクセントを足すイメージでいつもと違うカラーができるので、かなりオススメです。

提案の幅が広がると思うので、是非お試しください。

Bellavita 情報

・お店のホームページ

・[メデュラ シャンプー]9つの質問に答えてあなただけのシャンプーを作れます。クーポンコード『bellavitam』を入力で2000円オフ

・各SNSをまとめたサイト

・お問い合わせはラインでお願いします

友だち追加