フリーのカメラマンに【子供の成長記録】を撮ってもらって思う今と未来の働き方

 

関西の三田市で美容室を経営しているオーガニックカラーのヴィラロドラで大人女性を得意とするbellavita代表のマツシマトモヒトです。

 

【相談や御予約はラインが便利です】

友達追加してもらうと相談等もお受け出来るので宜しくお願い致します!

 

先日奥さんの知り合いの方にバースデーフォトなるものを、撮って頂きました。

 

フルーツフラワーパークで家族写真を撮らせていただきました☻ 優しい雰囲気に包まれ、絵に描いたような幸せなご家族! お子様の1歳の誕生日記念という大切な日を彩ることができ、とても嬉しく思います✨ ただいま8月末までの期間限定で¥15,000でファミリーフォトをお受けしております。 データは50カット以上をすべてレタッチしてお渡しします!インスタ特典もありますので詳細はwebサイトからどうぞ(´∀`*) #家族写真 #ファミリーフォト #ベビーフォト #ロケーションフォト #ママリ #mamagirl #モデル #読者モデル #ポートレート #フルーツフラワーパーク #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #持ち込みカメラマン #ファインダー越しの私の世界 #followme #instagood #tokiograph

tokiographさん(@tokiograph)がシェアした投稿 –

最近自分でもカメラを手にして行動することが多くなってきているので、ぼくは上手くなるために教えてもらおうって思っていったんですが、逆にかなり撮られちゃいました。笑っ

すいません。

親バカで。笑っ

フリーのカメラマンによって次男の思い出写真ができた

カメラをするまえまで、あまり写真の凄さっていうのをよくわからなかったんですよね。

なんとなくきれいかな?ってくらいで。

それが、自分で撮るようになってからは激変!

「どうやってとってるのこれ?」って疑問だらけで面白い。

撮ってもらってるときも聞きまくり。笑っ

その場で見せてもらってもキレイなんですよね。

ちなみにシャボン玉です。

僕にはこんなことはできません。

でも、こうやって思い出をキレイに残せるのって素敵だなって思うし、そういう仕事をされている人も素敵だなって思う。

まさに【趣味が仕事になる時代】です。

これから自分の人生は楽しまないとって思います。

好きなことをして、それが趣味になって、生活をする。

そういう時代だと思っています。

仕事をする時間も決められてなくて、自分がしたいように働くことができる。

営業時間っていう概念は壊したいですね。

休みたいときに休んで、働きたいときに働く。

理想ですね。

フリーのカメラマンの働き方で感じること

実際にいつもどれくらいもらっているかはわからないですけど、ぼくの予想では今回の撮影みたいな感じでは数万円かな?と思います。

9:00~11:30ほどです。

2時間位で数万円はかなり良いですね。

8時間ほど働いたらいうことなしかもです。

まぁ編集とか色々とやることがあるのでそれは難しいと思います。

美容師と違って材料費はないですし、店も持たなくていいし、水道光熱費もない。

パソコンとカメラがあればどこでもできます。

正直羨ましい。

効率良すぎです。

お客さんがいなくてもマイナスになることは絶対にないです。

ぼくの場合は、お客さんがいなかったらかなりの大打撃です。笑っ

その差ってかなり大きいですよね。

そう思うと【訪問美容】ってのも良さそうですね。

いかに固定費を下げるのか?ってホントにやってて大事だと思い知らされる。

この前は家賃交渉に行って来ました。

このご時世なので少しでも分かってもらえたらありがたいのですが、どうなるのかは結果待ちです。

良い結果を期待してますけどね。

子供達の時代は働き方ってどうなるんだろ?

親が気にすることではないとは思うんですが、やっぱり気になりますよね。

自分達の人生なので好きな道を歩いてもらったらいいと思います。

親が思っている以上に子供は勝手に育ちます。

嫌なことをするより、好きなことを精一杯楽しんで欲しい。

嫌なことはいやなんですよ。

できない。

その時間はもったいない。

大きくなるときには【AI】に仕事が奪われていっていると思う。

今の60%位の仕事は奪われるから。

それが分かっているのに学力は大事で、学歴も大事だといっている。

意味がわからない。

【AI】に奪われるような仕事の仕方では、この先生きていけないと思います。

何事も興味があって、それについて勉強するからいいのであって、やりたくもない勉強はしたくない。

勉強の仕方を学ぶにはいいと思うけど、正直小学校までで充分だと思う。

後の大学までの10年間っていう時間の過ごし方って、ホントに見直した方がいいと思います。

それが当たり前の10年間で終わってしまっては、生きていけない。

 

やりたいことを見つけるために10年間もいりますか?

そして、やりたくもない仕事をしてしまう。

その10年間ってなんだったんだろ?って。

 

最近テレビを見ていて、カンボジアの子供達が小学校で勉強している姿を見ました。

カンボジアでは、小学校にいくのもみんながいける環境ではないんです。

ましてや中学、高校ってなるとほとんどがお金がなくていけない。

そうなるとやっぱりみんな勉強がしたいってなるんですよね。

勉強してあれになりたい!こうしたい!って気持ちがかなり強い。

夢があるから向かっていって、勉強が好きで楽しいって思う。

日本みたいに当たり前のように学校にいける環境ってありがたいんですよね。

逆をいうと、当たり前だから努力をする人が減ってしまう。

カンボジアでは、お父さんが亡くなって弟のために高校を辞めて大好きな勉強よりも家族のために、働くことを決めたお姉ちゃんもいたりします。

中学や高校にいけるのも当たり前じゃない。

いくのならばその時間を無駄にしないような行動をするべきだと思う。

 

時間はお金では買えません。

周りがやっているから自分にも当てはまるってことはないと思うし、周りがやっていないことを見つけてそれが好きな仕事になってたら最強ですよね。

男とか女の人とか関係ないです。

誰しもが働かないといけない状況になっている時代で、より好きなことを趣味化して自由に働ける環境が大事だと思います。

もっと縛られない自由に働けるようになりたいですね!

子供の時代ではそれができているか?できていないか?で大きく変わりそうな気がします。

もっと厳しい時代になるでしょうし、個性がないと【AI】に奪われていくでしょうね。

もう住宅ローンは組まない方がいいですよ。

しかも35年も。

ずっと働ける保証はないです。

今の時代でも大手だからとか、公務員だからとか多分そういうのを言えない時代がくると思う。

色んなしわ寄せが、、、

ロボットが完全に手を使えるようになったら、究極にやばいですね。

頭を使って生き抜いていこうと思います。

では!