「家族」と「美容師」と「時間」

関西の三田市で美容室を経営しているオーガニックカラーのヴィラロドラで大人女性を得意とするbellavita代表のマツシマトモヒトです。

【オススメシャンプー】

極上の新型トリートメントとは?

【ヴィラロドラカラーガチ検証】

【怪しい水ノアカラー(N-OA)】

【髪のお薬 酵素テクノロジー】

【怪しい水のミネラルとは?

【相談や御予約はラインが便利です】

友達追加してもらうと相談等もお受け出来るので宜しくお願い致します!

 

ふと自分の中で自分にしかできないブログってなんだろって考えた時にキーワードとして、「個人店の美容室経営」「3人の父親」「新米経営者」って事がでてきたんですよね。

そういう人っていると思うんですよ。

その人たちが(美容師さん)が見てくれて、これからそうなる人にも「分かるわぁ」とか共感してもらったり、為になるような事ができるかもしれないって。

それができる人ってさっきのキーワードがある人じゃないとできないと思うんです。

想像だけじゃ説得力もないですし。

実際に体験したこと、改善していったこと、予測として気を付けた方がいいことを「3人の子供を持つ父親で新米経営者」が語っていこうと思います。

間違ってることもあると思うのでこれが正解でも何でもなくて、少しでも1人の人だけでもこのブログによって為になったら僕は満足です。

家族を大事にしていますか?

これすごい大事だと思います。

分かってるよって人も多いとは思うんですよ。

僕は出来てなかった。

特に1年目は自分が働く日数や時間が大事だと思ってました。

売上に目がいきすぎてたんですよね。

売上ないとお店が潰れちゃうから。

だから働きまくるってことの毎日で、お客さんも夜の9時からカラーやパーマをして終わったら11時とか。

マンツーマンなんで仕方ないこともあるのですが、帰ったらもちろん子供も寝てますし、朝も疲れてるので起きるのが遅いし子供たちは学校にいってて話すこともできない状態が続きました。

朝から「おはよう」もなければ、「いってきます」「おかえり」「ただいま」「おやすみなさい」って言葉もない。

でも生活のため、スタッフのため、会社の存続のため、お客様のためって「~のため」ってばかり見ていました。

「1年目はしょうがないか!」って諦めてたんですよね。

ホントにこれでいいのか?

息子が小学4年生になるタイミングで疑問を持ちました。

今年の5月に生まれた子供もきっかけですが、長男と接することができる時間ってもしかしたらあと少しかもしれないって。

あと3年もたてば中学生です。

僕の中学生時代を振り返ったんです。

くそ生意気な親に反抗ばかりしているやつでした。

会話もないし、一緒に行動することもいやなやつです。

息子がそうなってしまったらどうしよ?って考えたんです。

そうなったらあと3年もないのかぁって。

その3年でこれからの人生にかなり影響がでるんじゃないかなって真剣に考えたんです。

今年の5月に次男が生まれてさらに考えていきましたね。

今すぐ変わることで何かが変わる。

正直美容師は働きすぎです。

大体25日出勤だったとして朝の9時から夜の9時位まではほとんどの美容師が働いてるんじゃないですかね?

1日12時間拘束で残業時間って1ヶ月で100時間ってとこです。

今よく聞く過労死するレベルを越えてます。

僕の12月はこれの1、5倍位になります。

働けば働くほど売上があげれるシステムです。

でも、これって超絶効率悪いですよね?

効率いい人からしたら、「どんだけ働くの?」って言われると思います。

池田はやとさんならありえないって言われるでしょうね。

これをまずは9時間にする目標を立てました。

平均的に2時間、僕の営業時間を減らしたってことです。(普通なんですが、、、)

僕にとったらおっきいですよ!必然的にカラーカットのお客様を断る事になりますね。

カットなら2人をお断りする状態になります。

月で考えたらと思うと考えたくなかったですね。

でもこうしないとダメなんですよ。

「限られた時間の中で最高のパフォーマンスをする」

これが出来ないと家庭崩壊レベルです。

これによって10時に帰ってたのが8時になって、11時に帰ってたのが9時になるってすごく違いますよね?働けばいいってもんじゃないんですよ。

いかに自分の時間を作れるように考えるかってことじゃないのかな?

早く帰ることって「家族が笑顔になる」って事なんです。

帰っても子供達が起きてて、僕が帰って玄関を開けた瞬間に隠れてるんですよ。

で見つけて「ただいま」っていうことができる。

次は「おやすみなさい」っていうことができる。

早くに帰ってるので睡眠もよくとれて、朝の学校を行くときも「いってらっしゃい!」っていうことができる。

基本的なことができるって幸せなことなんだと思います。

小さいときは(赤ちゃん位の時)遅く帰っても起きてることもあってあいてをできるときもありましたが、幼稚園とか小学生になったら本当にできなくなります。

それくらいからしっかりと考えた方がいいですね。

2時間で家族が幸せそうにしてくれるんだったら、お金よりもスッゴい大事だと思うんですよ。

個人店での経営ならいかに効率よく仕事をして、自分の時間をいかに作るかってことは大事だと思ってます。

家族と経営を両立するって難しいと思うのですが、支えてくれてるのは家族、スタッフ、協力してくれている人達、お客様っていう「人」だと思います。

その人達を幸せにしていく努力をしていたら厳しい状況になったとしても神様が助けてくれると思います。

時間は元には戻らない

正直赤字が続くとやっぱりもっと働かないとダメだよな?って思うと思います。

でも僕はしません。

経営って社長の仕事は「会社を潰さない」ってことですよね?

働くとそりゃ売上があがりますよ。

でも時間は無くなる。

そういうやり方ではなく、もっと頭を使って経営をしないとダメだと思います。

銀行の融資、返済の変更、無駄な出費はないか、材料費が高くないか、お客様から頂く料金は正しいのかなど考えないとダメですよね?

個人店で安売りしたら僕は終わりだと思います。

個人店だからこその付加価値を付けて、その対価を納得してもらう。

よく美容師さんと話すと客単価ってことをよく聞きます。

売上って客数×単価なのでそれを気にするのはよくわかりますが、僕が1番大事にしているのって時間単価です。

いくら客単価がよくても1人のお客様に3時間も4時間もかけてたら時間単価って低いですよね?

それこそ限られた時間の中で最大限のパフォーマンスをするってことが求められてきます。

安売り店が増えるなか僕は値段を上げてます。

そうしないと正直自分がしたいことが実現できないんです。

会社の存続、スタッフの将来、自分の時間ってことを考えるとお客様には申し訳ないと思うけど凄く重要になってきます。

僕のお店の経営理念って「周りの人も幸せに、自分たちも幸せになる」って決めたんです。

時間は元には戻らないけど、今この瞬間を大事に生きる。

目の前の人を最高に幸せにして、自分も幸せになる。

まだまだ出来てないけど自分の理想、周りの人の理想を求めて生きたいですね。

では!